矯正のメリット・デメリットについて

矯正歯科を受診される方は、いろいろな症状でご来院されます。「前歯がでこぼこしている」「八重歯が気になる」「受け口」「前突感が気になる」..etc。もちろん、「見た目の審美性を気にされて」といった方や、「咬みにくい」「顎が痛い」など、機能面を気にされる方もたくさんいらっしゃいます。

では、矯正治療のメリットとデメリットとは何でしょう? 

矯正治療のメリット

1. 歯は消化器官の一つです。上下の咬み合わせがズレていたり、顎の動きに不調和をきたす状態を正すことで、よく咬める、顎の正常な発育、構音をプラスの方向に誘導します。

2. 整った歯並びは見た目だけでなく、歯ブラシも届きやすくします。歯ブラシのしにくさ、磨きにくさから虫歯、歯周炎、歯周病の羅患リスクが高くなります。日本人成人の8割近くの方が、歯肉炎歯周病に罹患していると言われています。
 
image001
 
3. 患者さまが一番多く気にされる、見た感じが良くなることです。

4. 歯並びが良くなることで劣等感がなくなり、心理的に良い影響を与えることがあります。

5. 歯並び由来の口呼吸を正すことで、口呼吸の弊害を正し、健康な呼吸環境を整えます。

6. 笑顔が素敵になります。自信をもって笑えることで、表情筋の活性がよくなりアンチエイジング効果も期待できます。

矯正治療のデメリット(不正咬合の状態を放置することによるデメリット)

 
1. 見た目の劣等感

2. 咬むという機能不全→顎の動きとの不調和から、顎関節への影響が出ることがあります。

3. 成長期の不正咬合は、後の発育にマイナスの影響を及ぼすことがあります。

4. 凸凹の歯並びの場合、歯ブラシが届きにくく虫歯、歯肉炎、歯周病リスクが高くなります。

5. 消化器官として、物を噛み砕く機能がおち、咀嚼機能の低下、食べ物を噛み砕きにくい、胃、腸への負担が増大することがあります。

矯正治療のデメリット(矯正治療をおこなう上でのデメリット)

 
1. 歯を動かすことは、硬い骨の中で歯の根が移動することです。矯正力を加えると、歯根の周りに骨改造現象が起きて歯が動くのですが、歯根吸収を起こす可能性もあります。一概に歯根吸収は矯正力のみが原因ということではなく、矯正経験がない方でも、歯根吸収が起きている場合があります。過度な矯正力を用いたりすると起こりやすいと言われています。持続的、弱い力を用いるため、矯正治療は年単位の治療になるのです。

2. 肉の退縮→歯茎が下がる→ブラックトライアングルの出現
これも矯正治療が100%原因というわけではありません。加齢とともに歯の周りの骨も痩せてきて、歯茎が下がることはあります。不正咬合や歯周組織の状態により、適正な矯正力を用いても歯茎が下がることはあります。過度の歯列拡大や画一化に非抜歯計画では骨が薄くなり、歯肉退縮のリスクが高くなることがあります。

3. 発育として、正しい顎の成長を阻害することがあります。成長期に注意したいのは、受け口や交叉咬合などです。

4. 矯正治療は見た目が良くないことから、歯に付ける器具(ブラケット)の材質も従来のメタルから白い材質のものや、歯の裏側に付けるリンガル装置が選択できます。

5. 痛みも治療開始3日~1週間程度は違和感を覚えますが、次第に慣れてくること、また、ワイヤーなどの材質も年々進化しやわらかく、細いワイヤーが開発されていますので、昔に比べれば痛みの度合いは減少しております。

治療費について

一般的な不正咬合の矯正治療は、健康保険の適応外となります。健康保険適応の矯正治療は、「●●●●●」をご確認ください。

矯正治療期間について

短い期間で治療できるに越したことはありませんが、歯を動かすには上記歯根吸収のリスクなどから、適正な矯正力を越えて動かすことはできません。また、歯の移動距離が大きいほど舌癖などの習癖などがのこっていたり、患者さまのご協力度によっても増減します。術前のカウンセリングにて詳しくご説明いたします。