当院のご紹介

顧問 島本 和則(指導医・認定医)は、1963年に留学したアメリカにおいて、種々研鑽し、「TWO STAGE SYSTEM」という新しい矯正治療法を確立いたしました。

帰国後、歯科大学に講師として教育に携わりながら、東京都港区六本木で矯正専門に開院し約45年あまりがたちました。現在は六本木交差点、俳優座並びで、東京ミッドタウンや六本木ヒルズより徒歩5分の位置にあります。昔、患者さんだった方が御両親になられ、そのお子様がまた来院してくださる時代となりました。
歯の治療だけではなく、人と人の出会いを大切にをモットーに『矯正道 即 人生道』で日々診療しております。

当院で行っている「TWO STAGE SYSTEM」とは、非常に細い線を用いた方法で、歯牙や顎に好ましい影響を及ぼし、単に口腔内のことを考えるので はなく顔面と口腔との調和を考えた方法で、機能的・効果的な歯列を治療目標といたします。小児矯正はもとより成人矯正まで幅広く対応しております。

矯正装置も、従来のメタル製のもの、目立たないブラケット(セラミック、コンポジット)、見えない舌側矯正・リンガル矯正 ブラケット(表からは見えません)、ブラケットを使わない矯正装置(インビザライン、クリアライナー)を使用しています。

また、院長 相澤 一郎も歯列矯正治療を専門に従事して約20年の経験があります。他の歯科医師・スタッフも技術とフィロソフィーを継承し、日々研鑽に務めています。歯列矯正治療に関して初診相談は無料で行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

外観1(300x200)外観

待合室1(300x212)待合室

診療室2(300x184)診療室1

診療室1(300x195)診療室2

ブラッシングコーナー(300x206)ブラッシングコーナー

デジタルレントゲン(300x220)デジタルレントゲン

コンサルテーションルーム(300x205)コンサルテーションルーム

院内2(300x201)   院内

 

 

 

 
保存