治療症例紹介

ソフィア歯列矯正歯科医院での治療症例を紹介します。
叢生 | 上顎前突 | 反対咬合 || 舌側矯正(リンガル矯正)はこちら

叢生・開咬症例

術前

矯正前は前歯の凸凹と咬み込んでも、前歯が噛み合ない開咬を呈していました。
分析の結果、小臼歯を便宜抜歯し治療を開始しました。

術後

綺麗な歯並びになり、歯ブラシも届きやすくなりました。

↑PAGE TOP

治療症例紹介:交差咬合

術前

上下顎の幅の不正。癒合歯。
咬み込んだ時に、上顎の奥歯と下顎の奥歯が斜に咬み込んでいる不正咬合です。

術後

成長期において、このような歯並びは治していかないと、顎の形態にも影響が出易いです。

↑PAGE TOP

治療症例紹介:叢生

術前

前歯部に著しい叢生(そうせい)が認められます。審美的問題のほかに歯ブラシが隅々まで届かないため、ムシ歯や歯周病に罹患しやすい状態だといえます。

このような症例であっても、抜歯せず歯並びだけを整えることができますが、顎の大きさが決まっているため、さまざまな問題が生じる可能性があります。口元が突出したり、歯茎(歯肉)に問題が生じたり、歯の寿命が短くなったり、といった可能性もあります。この症例では4本を抜歯しました。

術中

4本の小臼歯を抜歯し、そのスペースに前歯を並べていきます。

術後

抜歯してできた隙間をきれいに閉じ、機能的かつ審美的な歯並びになりました。

↑PAGE TOP

治療症例紹介:上顎前突

術前

咬み込んだ時に、上の歯並びが前方位にあります。

術後

歯を抜かないで、歯並びを整えていきました。
矯正前と後では、口唇の突出感が消えています。

治療症例紹介:上顎前突2

術前

術中

↑PAGE TOP

治療症例紹介:反対咬合

術前

いわゆる受け口の状態です。噛み合わせても前歯部が咬みこまない開咬(かいこう)の状態を呈しています。

術中

下顎の小臼歯を抜歯しました。上顎は見えない矯正装置(舌側矯正)で治療しました。

術後

術後の状態です。前歯もしっかりと咬みこむようになっています。

↑PAGE TOP

Copyright © ソフィア歯列矯正歯科医院 All Rights Reserved.