見えない矯正装置の種類

ソフィア矯正歯科で使用している、見えない矯正治療の種類をご紹介します。患者さまの症例に応じて、最適な装置を選択していきます。

インコグニート、ハーモニー、ウイン、クリッピーL、Stb、アリアスを使用しています。マウスピース矯正(インビザライン)では、適応症例がありますので担当医にお問い合わせください。
※インビザラインでの矯正治療の場合は、毎日22時間以上、歯に装着することで歯並びが整っていきますので、患者さまご自身が自己管理していただくことが大切です。

Incognito

CAD/CAMを応用したデジタルリンガル矯正装置の一つ。使用するブラケットは完全カスタムメイドで、ワイヤーもロボットが屈曲して納品されます。
image01
“参考URL:3M(TM) Unitel(TM)矯正歯科用製品|インコグニト(TM)アプライアンス システムとは

move to Win

この装置もCAD/CAMを応用した装置になります。インコグニートと同じ開発者によるシステムですが、ブラケットの構造など違いがあります。
image02
“参考URL:リンガルシステム

HARMONY

image03

invisalign

トレタイプの矯正装置の一つで、矯正前の状態から、コンピューター内で治療後のセットアップをシミュレーションし、トレーを製作していきます。この装置は、患者さまに取り外しをしていただく装置となり、日々の状況に応じて装着していただきます(ただし、1日の装着時間としては20時間前後が必要です)。また、適応症例があります。
image04

クリッピーL、STb、カーツブラケット

国内メーカーによるリンガルブラケット装置で、既製品のブラケットをアナログにてカスタマイズし、完全オーダーメイドしていきます。

ソフィア矯正歯科では、アナロクブラケットは技工士が常在していますので、院内で製作していきます。術後予想のセットアップを技工士とドクターが打ち合わせて製作していくので、ドクターの治療計画に即した装置が製作できます。

また歯の形態や歯列の形に合わせて、適切・違和感の少ない・治療効率のよい装置にするために数種類の装置を混在させて製作していきます。
stb

アリアス

数あるリンガル矯正装置の中で、最新の種類になります。特徴としては、大きさが小さく、ワイヤーを挿入する溝が従来のものに比べて細いこと、セルフライゲーション機能を有していることです。
image05

アンカーインプラント

矯正用アンカーインプラントは、歯を動かす時の固定源として使用します。アンカーインプラントの使用により、いままでは外科矯正の治療が必要だったものが手術なく治療する範囲も増えてきました。葉の動きに応じて、埋入する場所と種類も変わります。
plus

保存