抜かない矯正

どの不正咬合も、まず非抜歯の方針をたてますが、生体の限界を越えてまでは無理が生じます。矯正装置を外した後の、歯並びの安定性・機能的な噛み合せ・審美性などを考慮して、患者さま一人、一人にあった治療計画が必要です。

<症例1>術前

上顎の2番目の歯が、内側に生えています。上下の歯並びも非対称形です。
jirei_nukanai2-1-1

<症例1>術中

診断の結果、非抜歯で治療を行ないました。裏側からのリンガル矯正で治療中です。
jirei_nukanai2-2

<症例1>術後

隠れていた側切歯(2番目の歯)も綺麗に並びました。
jirei_nukanai2-3-1

<症例2>術前

犬歯が歯列から飛び出た、叢生症例です。レントゲン、模型の診査・診断から歯を抜かない非抜歯の方針で治療を開始します。
jirei_nukanai1-1

<症例2>術中

歯列の形態を修正しながら、犬歯をアーチのなかに取り込んでいきます。
jirei_nukanai1-2

<症例2>術後

jirei_nukanai1-3