口腔筋機能療法(MFT)について

歯は、唇・舌・頬(ほお)の筋肉から常に圧力を受けているため、口腔の筋肉バランスが整っていないと歯並びに影響が出てしまいます。また、矯正治療後などにいわゆる後戻りが生じる可能性が高くなります。そこでぜひ行っていただきたい訓練法が、「MFT(口腔筋機能療法)」です。

MFTを実践することで、歯並びの悪化を予防し、食べ方や話し方が改善されるといった効果も期待できます。

口腔内の筋肉バランスの状態

<正しいバランス>

1. 舌が上顎に接している
2. 唇が閉じている
mft01

<間違ったバランス>

1. 舌が前方に出ており、歯を押している
2. 唇が開いている
mft02

口腔内のバランスの崩れにはさまざまな原因が考えられますが、「指しゃぶり」「口呼吸」といった“口腔悪習癖”による場合がほとんどです。MFTでは、この様な“癖”を矯正しながら、個々に合わせたトレーニングを行います。難しい内容ではありませんが、継続していくことが重要です。

MFTのトレーニング風景

使用する道具

mft5

唇のトレーニング

mft1
mft2

舌のトレーニング

mft3

水を飲むトレーニング

mft4

保存